慶應義塾大学 理工学部 数理科学科

微分幾何・トポロジーセミナー

タイトル Discontinuous motions of Cannon-Thurston maps
開催日時 2017年7月18日 16:30-18:00
主催者
講演者 大鹿 健一 氏(大阪大)
場所 矢上キャンパス14-733(14棟7階ミーティング3)
内容 Cannon-Thurston写像がKleinian surface群の変形空間で(各点収束の位相で)連続に動くかという問題がThurstonにより出された.ここではquasi-Fuchs群のCannon-Thurston写像が各点収束するための必要十分条件を与える.
Tata InstituteのMahan Mjとの共同研究.
資料
URL